クーポン券
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メニュー
お題―コメディ―
>
010.カラフルな友達 Text:木内 陽

うっわ……あそこでうろちょろしてるカラフルな奴……やっぱりあいつだよな……
待ち合わせ場所あそこだし……特徴も同じだ……。
なんだあの目に痛い原色カラーの水玉模様……
超浮いてんじゃん。しかも若干挙動不審な動作が余計に不信感をあおってやがる。
ファッションセンスねぇの自覚あるなら着てくんなそんなもん!
……って、うわー どうしよう。行きたくねえ。
あいつと友達だなんて死んでも思われたくねえよ……。
うわー! 超悩む! なんて声かけるべきだ?
でも連れだって歩かなきゃいけねーんだろ? ないないない。
でも時間もねーし……覚悟を決めるしか……
いや、でも……ええー、嘘だろー。何の罰ゲームだよこれー。
なんでこんなくだらねえことで悩まなきゃいけねーんだよー。ざけんなよ、畜生ー!

009.やかましい弟 Text:木内 陽/こえ部

おかえり姉貴! ねね、今日一緒に家に遊びに来た人だれ!?
超ッ可愛くねえ?! すんげえ俺好み! 名前教えてよ!
へえー 名前からして女の子って感じだなあ!
なんで姉貴みたいな女の友達やってんだろうな!
信じらんねえ! 姉貴なんてうざいばっかだと思ってたけど
ためには役に立つじゃん! って(殴られて)いでっ!
な、殴ることぁないじゃん! この暴力女!
そんだからいつまでたっても彼氏出来ねーんだよ!
って、わ! 悪気はなかったんだって! ひっ! へ、部屋にもどりまーす!

008.罰ゲーム Text:木内 陽

はあー!? 冗談じゃねえ!
なんで俺が罰ゲームなんかしなきゃなんねーんだよ!
いやいや、無理だって! 女装なんて絶対無理だって…!
頼む! 本当無理! 泣くぞ! おい、俺が泣くぞ!?
……え、うるさいから免除してくれるって? マジ?
その代わり……心をこめて言ってみろって……? ……。
……1回で、いいんだよな? ……。言うぞ。……。
「おかえりなさい、マイダーリン! ご飯にする?
 お風呂にする? それとも、わ・た・し? きゃー! 私ったら大胆!」
……なんだよ。言いたいことがあるならはっきり言えよ。俺のためにも。

※一度は言ってみたい女性の言葉でも可能です。

007.元お兄さん Text:木内 陽

まー 可愛いお嬢さんねえ!
うふふ。何をそんなに怖がってるの。こっちにいらっしゃい。
私が美しいからって、恐がらなくてもいいのよお?
だーいじょうぶ。取って食べようなんて思ってないからあー。
あらあら。可愛いお顔が顔が引きつってるわよ?
え? 私の声がやけに野太いですって?
やっだー! そんな細かいこと気にしちゃダメダメ! ささっ、隣にお座んなさい?
お姉さんと、ゆーっくりお話しましょ?

006.ナンパな男 Text:木内 陽/こえ部

ねえねえ、そこの美人なカーノジョ! 俺とお茶でもしなーい?
って、わあー! やっぱ君すっげぇ可愛い! マジマジ! 嘘じゃねーって!
俺正直者ってこの辺りじゃ評判だから! 俺の目みて? きらきらしてるっしょ!
ほら、わかる? 君と目が合うだけでもう胸がドキドキしちゃって俺超やばい!
これこそ運命って奴じゃねえ? 出会いは突然に! なんちゃって! 
ねね、そこでお茶でもしよーよー? なんでも奢っちゃうからさー!
え、あ。ちょっと? あ、急いでるって……! ちょ、ちょっとくらい……
……。ったく、これだから女って奴は! あー。もう次々ー。

005.よくわからないツンデレ Text:木内 陽

私は奴が嫌いだ。
だが、嫌いという感情はどうも相手にも通ずるところがあるらしく
毎回顔を合わせると奴は私に、まるで親の仇といわんばかりの
辛辣な言葉を並べ、まくし立ててくる。

……私が奴を嫌うのは仕方がない。それは不可抗力だ。

生理的に無理というのは、人間ならば誰でも持ち合わせている感情だからな。
だが、奴が私を嫌っていい理由など一つもありはしないし、
まったくもって不愉快この上ない話だと思うんだ。
だから、なんとか奴に私のことを見直してもらいたいんだが、
一体どうすればいいのか、相談に乗ってはくれないだろうか。

004.カナヅチの言い訳 Text:木内 陽

僕が泳げない、だって? はっ、何を言いだすかと思えば。誰がそんなことを?
……。……ふっ、た、たしかに僕は水泳の授業をいつも見学してる。
それは認めよう。それは揺るぎのない事実だからな。
けれど、僕の運動神経の鈍さとは何ら関係がない。
なら泳いでみろって……? ……ゴホン。いいかい。
海に来たからといってどうしてわざわざ泳がなくてはいけないのかな。
ほら、まだ少々寒い。風邪をひいたら大変だ。え? ……と、とんでもない。
僕は君の体を思って言ってるんだ。言い訳とかじゃない。
大体言い訳をする必要性がどこにある! ……。
……ゴホン。さあ、こんなくだらない議論はやめて、あそこに見える海の家で
まったりしようじゃないか。な?

003.ケーキの恨み Text:木内 陽

そうか……あの時のことをまだ根に持っていたのか。
いやはや……。なんというか、執着深いというか、しつこいというか、
……うーむ。いやいや、恐ろしい奴だ君は。
たしかに、君が大事に取っておいたケーキを食べたのは悪かった。
だが、考えても見ろ。たかがケーキだ。
あんなもの、卵と小麦粉を混ぜただけの物体の上に
白濁色のクリーム状のものが塗ったくってあるだけの食品でしかない。
そう考えるとだな。そんなチンケなものを他人に食べられたからといって
毎日毎日郵便ポストに干からびた糸こんにゃくを入れ続ける
君の行動はいささか幼稚ではないだろうか。というより常軌を逸している。
ふん。反省する気はさらさらないようだな。それならそれでいいだろう。
だがな、これだけは言っておく。
たとえどんな嫌がらせを受けようとも、私は君にケーキを買って返すなどという
行動は絶対に起こさない。いいな。絶対にだ。覚えて置きたまえ。

002.知ったかぶり少年 Text:木内 陽

この女性歌手知ってるかって? も、勿論知ってるにきまってるだろー!
え、名前言ってみろって?
……え。いや……その。いや、知ってるよ! ド忘れしただけで……
ちがっ、別に言い訳じゃねえよ! えっと、ほら、あれだろ?
……えっと最近、ね。話題のね、人だよね?
頭文字にんぅ……がつく……。……。え、もう一回言ってみろって?
いや、だから……ぅん?がつく……。
ああーもう良いだろー。チャンネル変えるぞ!

001.失恋した男 Text:木内 陽

はあ!? 結婚するだあ!? はっはっは! 冗談はやめとけって!
お前みたいな奴を娶(めと)るような男なんていなッ…… えっ。……。
はは…… な、何言ってんのお前……? ……。
いや、マジで? ……いやいや。はっはっは! 俺を騙そうなんて100年早……
……。見合い……で、スピード婚……。は、はあ……。出会って二日で……
いや、別に……わ、悪くはない、けど、よ……。うん。
……十数年想い続けてる奴もここにいたんだけど、なー?
そんなの関係ない? あ、ですよねー……。
し、幸せにしてもらえよ…… 泣きたくなったらいつでもこい、よ? 
うん。……お、おめでとう……。子供が出来たら、報告しろよー……って、
んな簡単に祝福できるわけないだろうがあああ!!